ニキビが構成される仕組

多感な時期に苦労が多いニキビですが、現在は成人のニキビも増えてきました。
実際はニキビは、「正常性面皰(せいじょうせいめんぽう)」という素膚の疾患です。

たかがニキビと放っておくと創痕が残ってしまうこともありますので適正な手当、施術が必須になります。
ニキビ傷が残って悔恨しないためにも、ニキビのパターンやできる仕組みを理解しておきましょう。

毛孔の詰りがもともとのニキビの要因
多感な時期にできるニキビも成人になってからできるニキビも、毛孔の入りぐちが何らかの原因で詰まってしまう事が理由となります。
それでは順序を追ってニキビの出来る仕組みを見てみましょう。

べたつき分泌作用が活動的になる要因
ニキビができやすいところは、べたつき分泌作用が活動的なフェイスや胸板、背部などです。
まず、それらのところのべたつき分泌作用が活動的となり、オイル性になることからはじまります。
べたつき分泌作用が活動的になる要因は下記のようなものがあります。

発育内蔵の結果

多感な時期になると分泌作用が増加、それにより一番にT箇所のべたつき分泌作用が増加、ニキビができやすくなります。

男の人の内蔵の結果

多感な時期になると、一番に男の人に多く分泌されるのが男の人の内蔵ですが、女の人にも少なからず分泌されています。また、成人になってからは負荷などにより分泌が増加、女の人のニキビの多くの要因となっています。男の人の内蔵は、べたつき分泌作用を活動的にさせ、その上素膚の端化を押す働きがあります。

負荷

極度の負荷、疲弊、眠不足によって自律神経系に変成をきたすようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>