お尻ニキビができる原因と対策

ニキビは顔以外にもできたりして厄介ですね。
特にお尻にニキビが出来ると、座るだけで痛かったりもします。
私も地味に痛いお尻ニキビのせいで、今まで何度も悩まされてきました。

そもそもお尻にニキビが出来てしまう原因は、色々なことが理由として考えられます。
まずパンツの中が蒸れやすくなってしまっていることが、ニキビができやすい条件を揃えてしまうのだと思います。
ズボンやスカートを穿くことでパンツを更に覆っていますし、とてもじゃないですが通気性が良いとは言えません。
多くの方がお風呂やトイレ以外の時間、そういった不衛生な状況にあるわけです。
着用する下着を通気性が良い綿素材の物に変更したり、時々ウエットティッシュ等でこまめに拭くことが効果的だと思います。

小さ過ぎる下着を身に着けている場合も、血行が悪化してしまうので良くありません。
新陳代謝がうまくいかなくなり、ニキビの原因となることがあるんです。
締め付けが弱くお尻を優しく包み込んでくれる様な下着がベストだと思います。

それと摩擦が原因でニキビが出来てしまうこともあります。
長時間固い椅子に座っているだけでも、ニキビの促進や悪化を招いてしまうのです。
繊維が強い素材の衣服を身に着けていることも、摩擦が起きやすいので注意が必要だと思います。
対策としてはジーンズ等は避ける、柔らかいクッションを用意する、座りっ放しにならない様に気を付けることが考えられます。

他にはお尻の洗い方も重要です。
お風呂であまりゴシゴシ洗うと摩擦が起きてしまいますし、逆にしっかりと汚れを洗えていないと意味がありません。
丁寧に優しくじっくりと洗って、きちんと洗い流すことが大事だと思います。

後はストレスが原因とも考えられるので、ストレスが溜まらないような生活を心がけたいですね。
ただなかなかお尻のニキビが治らない、どんどん悪化してしまっている様な状況になってしまったら、皮膚科に早めに行った方が良いでしょう。

お尻ニキビや顔以外の身体にできるニキビと言えば、背中ニキビ。
背中も乾燥しやすく皮脂が詰まりやすいのでニキビができやすいですね。
背中ニキビに関しては専用の背中ニキビをケアするジェルもあるので、
そういったスキンケアを使って改善していくこと大切です。