大人ニキビ対策に保湿

思春期のニキビはホルモンバランスの乱れによる過剰な皮脂分泌なので、洗顔で余分な皮脂を落とすことが大切です。
しかし、大人のニキビは過剰な皮脂が原因ではないので、洗顔のし過ぎはニキビを悪化させます。大人ニキビの原因は乾燥です。ニキビ対策には保湿が重要です。

乾燥した肌はバリア機能が低下していて、肌を守るために角質が厚くなります。
厚くなった角質で毛穴がふさがれ、溜まった皮脂をもとにアクネ菌が繁殖してニキビになります。

保湿をすることでターンオーバーが正常になり、厚くなっていた角質が次第に薄くなって皮脂が正常に分泌できるようになります。
皮脂が分泌できればアクネ菌が繁殖しにくく、ニキビができにくく治りやすい状態になります。

保湿には化粧水を使います。
化粧水は肌の奥に浸透して内側から潤いを与える、次に使う化粧品の浸透をよくする働きがあります。

おすすめの保湿成分はセラミドです。
セラミドには4種類あり、その中で保湿力が高いのがヒト型セラミドです。

人の肌に存在するセラミドとほぼ同じ構造をしていて、低刺激で浸透がよいです。
セラミドが配合されていても、配合量が少ないと効果を得られないので、化粧水を購入するときは配合量を確かめてください。

ニキビはできるだけ刺激を与えない方がよいので、香料・着色料・防腐剤などを使用していないものが望ましいです。
植物系化粧水の中には、オリーブ油などの油分を配合しているものがあります。

アクネ菌は油分が大好物で、化粧水に含まれる油分をもとにアクネ菌が繁殖してニキビが悪化する恐れがあります。
オイルフリーだと安心です。